ライトセンタースポーツ施設

本館棟(地上3階)と体育館棟(地上1階・地下1階)の2棟から構成されています。この「体育館棟」と、屋外施設ジョギングコースとグラウンドを合わせて「スポーツ施設」と呼んでいます。スポーツ施設が併設されている視覚障害施設は全国でも非常に珍しく、各施設には、壁面にクッション材を使用するなど視覚に障害のある方が使いやすいよう様々な工夫がされています。


体育館(1F)
スポーツ系各クラブの定期活動のほか、当センター主催「サウンドテーブルテニス大会」の会場として使用しています。ステージがあり、各種の発表の場として使用することもできます。バスケットコート1面分の広さがあり、壁面にはクッション材が貼られています。
ベンチは壁に埋め込む形で設置されており、室内壁面は極力凹凸のないような構造になっています。

体育館内の画像


屋内プール(B1F)
個人利用や水泳クラブの定期活動のほか、当センター主催「ミニ水泳記録会」などの会場として使用しています。25m×4コース、水深1.2m〜1.4m、水温約30℃、室温約32℃、通年使用が可能なプールです。
プール槽内には、壁面衝突時の衝撃軽減用としてゴムクッションを備え付けてあります。
水陸両用車椅子と専用リフトがあり、車椅子を使用されている方も入水できるようになっています。15分ごとに音声の出る時計のほか、室内壁面には吸音材を設けるなど“音”に対しての配慮がしてあります。水面とプールサイドは平らで凹凸のない設計になっているほか、プールサイドには歩行ガイドラインがあります。プール際より5mの位置にはバブルライン(底面から泡が噴出)が設けてあります。

プール内の画像


卓球室(B1F)
個人利用のほか、サウンドテーブルテニスクラブの定期活動などに使用しています。サウンドテーブルテニス用の卓球台1台を常設してあります。
卓球室


トレーニングルーム(B1F)
約20種のトレーニングが可能なコンビネーションマシンのほか、ランニングボード、エアロバイク、ダンベル、ストレッチマットなどを常設してあります。
トレーニング室全景


ジョギングコース(屋外)
1周約110mの変形5角形です。コース壁面には衝突時衝撃軽減用クッションが設置してあります。誘導ガイドロープが設置してあります。
ジョギングコース入口


グラウンド(屋外)
グラウンドゴルフや、タンデムサイクルほか、各種レクリエーションの場としても使用しています。
平日は、視覚障害関係ボランティアの駐車場として活用しています。
ジョギングコースに囲まれた多目的スペースです。


クライミングウォール(体育館舞台上)
幅9m、高さ3mのボルダリング専用ウォールです。
80・90・100度と傾斜の異なる3枚の壁を楽しむことができます。
厚さ約30cmの安全マットが設置されているなど、かなり安全に配慮された造りになっています。
また、黒い板に蛍光色のホールド(石)でコントラストをつける、触って分かる課題ラインを設置するなど、
視覚に障害のある方が最小限のサポートで登れるような工夫がなされています。
スポーツ受付にて専用靴のレンタルを行っております(1回100円)ので、用具の準備などは不要です。



◇一つ戻る◇

◆ライトセンタートップページ◆
◆ライトセンタースポーツ振興事業◆
◆視覚障害者スポーツ紹介◆



トップページへ戻る